はっちの 「電解水のある生活」 酸性水で洗いセーターのホワッと感を残そう!

さあ五月です。それまでお世話になった衣類とも お別れですね。とくにセーター類は毎日のように着ていたので、ちゃんときれいにしてタンスに仕舞い込みたいもの。

それだけでなく、セーター独特のあのホワッとした温かい感触を残したいですね。そのためにはどう洗濯すれば良いのでしょう。

わたしはいろいろ考えてみて、次のような洗い方をしてみました。

■ぬるめの酸性電解水で洗濯

最初に、ウール専用の中性洗剤を強還元水で しっかり溶かしておきます。その液体を30度前後に 温め、洗面器に用意しておいた酸性電解水に入れて溶かしこみます。

こうして用意した液体の中に、セーターをたたんでゆっくり入れます。そして上から優しく押し洗いを します。このとき、力を入れたもみ洗いは厳禁。漬け置き時間は5分以内を目安にします。

すすぎは別途作っておいた酸性電解水のぬるま湯に入れておこないます。これも洗うときと同じよう

に優しく押し洗いし、洗剤をとっていきます。

わたしの場合、すすぐ前に洗濯ネットにセーターを入れ、洗濯機で30秒くらい脱水しました。これな ら洗剤がよく落ちますし、すすぎに使う酸性電解水の湯も節約できるというもの(^^)v。

■バスタオルでやさしく脱水

すすぎが終わったら、洗濯機でだいたい30秒くらいを目安に脱水するか、バスタオルを用意してそ の上にセーターを置き、くるんで水分を吸収させます。バスタオルに挟んで軽く押しながら水分をとる 方法もありますね。

セーターは吊して干すと型くずれするので、平らに干すようにしましょう。我が家ではテーブルの上にバスタオルを敷いて乾かします。

洗うのもすすぐのも酸性電解水を使ったから、とてもホワッと仕上がったんですよ(^^)。

こうしてみると、酸性電解水はウールのような自然素材の衣類の洗たくと相性がいいんじゃないかなあと感じました。

はっちの 「電解水のある生活」 温泉卵を還元水と酸性水で作ってみた!

「温泉卵が食べたい」。ウチのダンナの突然のリ クエスト! (▽;)。またなんで、そんな。。。。

しかしながら、ふと考えたら、わたしは作り方を 知らなかったのだ。いったい、どうやって作るんだっけ????( ́~`;)。

さっそくインターネットでレシピ検索。そしたら、 あった、あった。沸かしたお湯に、卵を殻付きのまま 入れて温めればできるのね。

■「水」の違いがクッキリと

具体的には、お鍋でお水(5カップ/1000cc)を 沸騰させる。沸騰したらお鍋を火からおろし、お水 (1カップ/200cc)とたまごを入れる。そして蓋をし、12分経ったらすぐにたまごを取り出す――ある料理研究家がご自身のHPで紹介していたこの方法をとってみました。

このとき使う「水」を、還元水と酸性水の2種類で試しました! 結果は次のとおりでした。

還元水で作った温泉卵は、温泉卵らしい卵黄と 卵白のバランスがとれた、両者ともトロトロっとした

半熟同士の出来。

そして、なんとなんと、酸性水で作った温泉卵は 卵黄だけがきれいにしっかりと固まって(ほどよくプリプリ感のある固まり方でまん丸)、卵白は殻に 柔らかく固まってくっついていました。

■温泉卵作りは奥が深い!

これはなんとも面白い結果に。見た目では還元 水の勝利ですね。

卵が固まる温度と、酸性水や還元水の湯が冷めていく温度に違いがあって、生じる現象でしょうか。 興味津々です。

ところで卵黄は65度~70度、卵白は75度~78 度で固まります。65度~70度くらいの温度だと、ほどよい状態の温泉卵ができるみたいですね。

酸性水の湯は芯から温まってなかなか冷めにくいといいますから、それが、温泉卵の状態にも表れたのでしょうか? そこで私はこう思いました。かなり奥が深すぎるぞ温泉卵!

はっちの 「電解水のある生活」 浴室掃除には酸性水+強酸性水で決まり!

まだまだ新型コロナウイルスの感染問題は終息を見ません。家庭でも衛生管理に十分配慮する必要がありますね。

そこで電解水の出番となるのですが、今回は酸性電解水(酸性水)を入れた風呂の残り湯を使った清掃を紹介してみることにします。

もともと入浴のために水道水に足した酸性水入りの浴槽が、キレイになったことが端緒でした。気を良くしてしまったので、最近はお風呂に入れる酸性水の量もかなり増え気味です(~~,,)。

■洗剤ナシで湯垢落としに成功!

それにしても、酸性水を入れたお風呂の湯には、どれだけの洗浄力があるのでしょうか。

まず100リットルに対して10リットルの酸性水を入れて、湯を沸かしてみました。その湯で入浴した翌日、まだほんのり温かい酸性水入り風呂水で、洗面器などお風呂の小物を洗ってみました。

最初に浴槽の中に、小物たちをまとめてドボン!この時に、1リットルほどの強酸性電解水(強酸性水)を加えてみました。

結果は・・・・・みごと洗剤を使わず、風呂の残り湯だけで 簡単に湯垢が落とせたのです。普通に食器を洗うような 感じで、スポンジでキュッキュッ! 今まで、こんな楽に汚れを落とせたことはないですね。

■黒ずみ・クスミも取れてピカピカ!

浴槽洗剤を使っても、なかなか汚れが落ちず、ただ腕が疲れてしまっただけ、なんてことも度々でした。汚れが落ちるだけでなく、ピカピカに磨きがかかるのが、凄い!

さらに『水』を使っているので、ムセルような洗剤の臭いがしないのと、軽く水を流して汚れを流すだけでよいので、大助かり。

酸性水は、水垢などのようにカルシウム分が付着してできた汚れを落とすのに、力を発揮するんですね。調子に乗って、浴室のタイルの掃除には「強酸性水スプレー」をシュッシュ! スポンジでキュキュ! 面白いように黒ずみがおちるので、タイル全部を強酸性水で洗ったら、水あかのクスミも取れて、タイルがキレイに甦りました! (^^)素晴らしい!

はっちの 「電解水のある生活「吐水」酸性水を掃除に有効活用しよう!

新型コロナウイルスの猛威がおさまりません。世界中で 感染者は増え続けています。個人でできる対策は、「3密」 (密集・密接・密閉)を避けるほか、手洗い・うがいの励行です。そして手洗い・うがいに最適なのが強電解水(強還元水と強酸性電解水)です。

この欄では、これまで何度かインフルエンザやノロウイルス対策として強電解水を取り上げてきました。

それと同じ効果を期待して、新型コロナウイルスの場合でも、ぜひこの強電解水を使った手洗い・うがいを励行したいものです。

■住宅洗剤の代わりに使用

 さて話題を変えまして、今回は、日ごろレベラックで還元水を生成しているときに絶え間なく吐水ホースから出てくる酸性電解水がテーマです。

この水を「もったいないなあ」と思っていたところ、フト考え付いたのが「床掃除に使うこと」です。

そお~かぁ。酸性水をためておいて床の掃除に使えば無駄にならないよね~~。お部屋もきれいになるし・・・・・。我ながら“グッドアイデア”でしょ?

おまけに、毎日のちょこちょこ掃除に、ワザワザ住宅洗剤は使いたくありません(ーー)b 。あの、ベタつき感がイヤなのです。

■お部屋キレイで気分も最高

 酸性水は今まで使っていて、住宅洗剤のようなベタつきというのは感じたことがありません。お鍋でメン類をゆでた時も、鍋にメンがくっつくことがなかったし、お鍋もキレイになったので。

では実践。酸性水はバケツに溜めておきました。それを使って廊下やフローリングのお部屋、そして畳のお部屋を軽く水拭きしていきます。

汚れがサラサラっと拭き取られていく感じがしますね。ハダシで歩いてもベタつきがないし、住宅洗剤の嫌な臭いも、もちろんありません。

お部屋をキレイにすることで、良いエネルギーをいっぱい受けることになり、気分も最高なのです。ぜひ皆さんも「吐水」の酸性水を有効に活用しましょう!

はっちの 「電解水のある生活」 還元水と酸性水―蒸し料理にはどっちが最適?

久しぶりに、はっち特製「シューマイ」をつくることにしま した。わたしの作るシューマイには、冷蔵庫の中にある野菜がたんまり入ります。でも今日は、ちょっと「お肉」中心に。

本日の材料は、挽肉、細かく刻んだキャベツ、ネギ、すり下ろした生姜、もどした緑豆春雨(これけっこうシューマイに入れるのおすすめです)。 これらをまとめてボウルに入れて、塩・コショウ・酒・みりんを加えてよぉーく混ぜます。

■還元水はジューシーな仕上がり

 シューマイの皮に包んで温めた蒸し器へセット。トロ火~中火くらいで約30分蒸します。で、このときに、わたしの実験の虫がメラメラと(ー∇ー)fufufu。

最初にpH値9.5の還元水の蒸気でシューマイを蒸してみました。還元水は食材の旨味を引き出してくれます。蒸気も同じようにその特性を発揮してくれそうな感じ。

約30分後、出来上がったシューマイを見ると、あ~一部ちょっと型くずれおこしたかも(ーー;)。

とくに蒸気の量が多くでていたところのシューマイの皮が柔らかくなりすぎちゃって、中身が崩れちゃったみたいですね。

余分な脂分はスッキリと落ちている感じがします。さっぱりジューシーな味わいで、水道水の蒸気よりもたしかに美味しいです。

■酸性水は瑞々(みずみず)しい仕上がり

 続いて、酸性水で蒸してみました。こっちのほうが型くずれは少ないみたいですね。麺を茹でるとシコシコとコシのある歯ごたえで茹で上がる酸性水ですから。

小麦粉を使った料理の裏方にはぴったりなのでしょうか。シューマイの皮が溶けることなくキレイに蒸されていますね。味は還元水と差はありません。

表面の瑞々しさは、酸性水のほうがあるように思えました。還元水は油分を除去する作用もあるので、挽肉の脂分がとんでしまったのかな?

軍配は? となると・・・・難しい(ーー;)。でも皮がほどよく柔らかくなる酸性水のほうがいいかな。