はっちの 「電解水のある生活」 浴室掃除には酸性水+強酸性水で決まり!

まだまだ新型コロナウイルスの感染問題は終息を見ません。家庭でも衛生管理に十分配慮する必要がありますね。

そこで電解水の出番となるのですが、今回は酸性電解水(酸性水)を入れた風呂の残り湯を使った清掃を紹介してみることにします。

もともと入浴のために水道水に足した酸性水入りの浴槽が、キレイになったことが端緒でした。気を良くしてしまったので、最近はお風呂に入れる酸性水の量もかなり増え気味です(~~,,)。

■洗剤ナシで湯垢落としに成功!

それにしても、酸性水を入れたお風呂の湯には、どれだけの洗浄力があるのでしょうか。

まず100リットルに対して10リットルの酸性水を入れて、湯を沸かしてみました。その湯で入浴した翌日、まだほんのり温かい酸性水入り風呂水で、洗面器などお風呂の小物を洗ってみました。

最初に浴槽の中に、小物たちをまとめてドボン!この時に、1リットルほどの強酸性電解水(強酸性水)を加えてみました。

結果は・・・・・みごと洗剤を使わず、風呂の残り湯だけで 簡単に湯垢が落とせたのです。普通に食器を洗うような 感じで、スポンジでキュッキュッ! 今まで、こんな楽に汚れを落とせたことはないですね。

■黒ずみ・クスミも取れてピカピカ!

浴槽洗剤を使っても、なかなか汚れが落ちず、ただ腕が疲れてしまっただけ、なんてことも度々でした。汚れが落ちるだけでなく、ピカピカに磨きがかかるのが、凄い!

さらに『水』を使っているので、ムセルような洗剤の臭いがしないのと、軽く水を流して汚れを流すだけでよいので、大助かり。

酸性水は、水垢などのようにカルシウム分が付着してできた汚れを落とすのに、力を発揮するんですね。調子に乗って、浴室のタイルの掃除には「強酸性水スプレー」をシュッシュ! スポンジでキュキュ! 面白いように黒ずみがおちるので、タイル全部を強酸性水で洗ったら、水あかのクスミも取れて、タイルがキレイに甦りました! (^^)素晴らしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA