はっちの 「電解水のある生活」 “自粛生活”に必須の冷凍食品は酸性電解水で解凍を!

新型コロナウイルスがまだまだ猛威を振るっています。4月7日に政府から緊急事態宣言が発令されて以来、どこで も、家にいる時間が圧倒的に増えてきました。我が家でも まったく同じ。

そして在宅時間が長引けば、当然、家で食事をとる回数 も増え、その献立を考えたり調理したりと、手間がかかることモ~大変!

そんな時、便利なのが冷凍食品ですね。長く保存がきくので、自粛生活を支える強い味方となっているのです。

■炒飯の具の解凍方法は?

 さて今日のランチは、残りご飯で炒飯を作ってみました。ご飯が固まっている時は、還元水を少し入れるとほぐしやすくなり、美味しさもアップします(^^)。

今回は具材に冷凍のシーフードミックスを入れてみました。我が家では炒飯を作る場合、ベーコンなどを入れてそこから出る脂のみで具材を炒めます。

そのため、凍ったままの冷凍食品を使うと、水っぽくなったり、中まで火が通りにくかったりするので、シーフードミックスや野菜などは、一度解凍してから使うことが多いのです。

しかし、冷凍食品は解凍の仕方がうまくいかないと、 味が落ちてしまうんですよね(^^;;)。

■旨みを逃さない酸性電解水の解凍

 電子レンジを使うと食材がまだらに温まって解凍されない箇所がでてきたりするし、低温解凍や自然解凍、流水解凍もやりましたが、味が落ちてしまうのです。

しかし「酸性電解水」を使って解凍すると、旨味を逃がさずできると聞きましたので、この炒飯に使うシー フードミックスはその方法で解凍しました。具体的には、材料を用意している間に、酸性電解水

に数分間、浸して解凍。そして水気をしっかりふきとって調理をしました。

そうしたら、エビはぷりぷり感が残り、イカも固くなることなく旨味が保たれたままだったのです。このように少量ですぐ使う冷凍食品などは、酸性電解水を使うと 早く美味しく解凍できるので、おすすめですよ~(^^)b

酸性水の持つ「収れん作用」のおかげで、食材の美味しさを保ちながら解凍できるのでしょうかね。皆さん もぜひお試しください(^^)b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA