はっちの 「電解水のある生活」 

還元水使用で炊き込みごはんは

美味しさ倍増!

新たにオミクロンなどという名前のウイルスが登場し、猛威をふるっています。いったいコロナ禍はいつ

わたしもダンナも、季節の野菜を入れた炊き込みごはんが大好きです。美味しいですからね!加えて栄養のバランスが良いので、一押しです。

そこで今日は「はっち特製炊き込みごはん」を作ってみました。

用意した材料は、お米3合と、具材として姫たけのこ3本、ゴボウとにんじん各3分の1本、そして油揚げ1枚に鶏肉適量です。

■昆布ダシも還元水でとろう!

味付けにするため、まず還元水で昆布ダシ汁を作っておきます。還元水に昆布を2時間ほど浸して おいたら、薄い昆布色のうまそうなダシができあがりました。

さらにゴボウはササガキにしてpH9.5の還元水でアクぬきをしました。すると、みるみるうちに水の色が茶色に変わってアクがぬけていきます。さすが還元水のチカラ(膨潤力)はすごい!

姫たけのこは水煮を使ったので、還元水で洗って細かく切っていきます。にんじんも千切りにして還元水に浸けました。引き続き油揚げを千切りにし、鶏肉も細かく切って、これも還元水でサッと湯通ししました。こうすると油がよく抜け、鶏肉が軟らかくなるので、旨みが増すのです(^^)。

■旨み十分の仕上がりに

研いだお米には酒・みりんをさっとふりかけて、作っておいた昆布のダシ汁を2カップ分入れてサックリかきまぜます。そして炊飯器へ。

ダシで使った昆布も一緒に炊き込むので、炊飯器には還元水をいつもより若干少なめに入れ、30分くらい置いてから具材を入れて醤油を少々加え、軽くかき混ぜて、スイッチオン!

米や野菜など各種食材の仕込みから炊きあげまで、還元水をフルに使っているので、それぞれの旨 みが引き出され、何ともおいしい炊き込みごはんになりました!

さらに、ふっくらでき上った旨味凝縮の炊きこみごはんの上に、パラパラっとネギのみじん切りをトッピング。

ごはんのお供には、還元水でつくった豚汁を。これで、素材の美味しさいっぱいの夕食メニューになりました。大満足(^0^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA