命の源、還元水

我々がロにする水は様々ですが、本当に健康的に、長生きするためには

①良い水を使う

②活性酸素を消すこと

といえそうです。

その様な理想的な水とは、まさにこれが還元水です。

1.電解水

通常の飲用水(水道水)を浄水装置で塵埃・溶存塩素を取り除き浄水とします。

その浄水を電解槽に導いて、その中に極板2枚を置き、それに直流電圧(約25V)をかけて得られるのが電解水です。

そのことは、マイナス側とプラス側の2種類の水が得られということになります。

2.還元水

電気分解後マイナス側で得られるものが、活性水素を多量に含む、活性水素水であり、非常に還元力があり、この水を還元水といいます。

水素イオン濃度指数はpH8~10。

電解槽中のミネラル、例えばNa+、Ca2+は

マイナス側で・・・・・Na+H20⇒NaOH+H

Ca→2H20⇒Ca(OH)2→-2H

プラス側で・・・・・OH-,Cl-を多量に含みます。

この還元水の中の活性水素が体内の活性酸素と化合して無害の水にするので、体にとって非常に良い水ということになります。クラスター(房・塊)もないので吸収も非常に良いといわれます。

この還元水は活性酸素除去という病状改善に対しての現実的な効果に加え、体質改善・代謝機能の向上、良質な飲用水として予防医学的な実効を上げており、今後多方面での更なる可能性を期待されています。

3.酸性水

電気分解後プラス側で得られるものを酸性水(又は酸化水)といいます。主として非金属のマイナスイオンです。

強酸性水(pH約2.5)と弱酸性水(pH約5.5)の2種類の水を選択出来ます。

一般に酸性水は飲用には不適ですが、肌には収敏作用があります。

弱酸性水アストリンゼン効果があり、これに若干の香料を入れたものが化粧水であり、洗顔にはこの水を使うのは合理性にかなっています。

強酸性水(pH約2.5)には強い除菌力があり、耐性黄色葡萄球菌でも完全に死滅させることができるといわれています。

そのため、洗面、化粧用、歯科その他の医療用器具の除菌と用途は広く、しかも、すぐに無害の水(20H⇒H20+0)になるので、他の消毒薬を使って殺菌するより後の水洗いの必要がなく合理的です。

一部の病院、介護施設、幼稚園・保育所等では床・壁の殺菌、掃除にも使用され始めています。

電解水は化学的に不安定であるので、時間の経過と共に安定な物質、即ち水、H20、H2、Cl2に変化しますので保存状態が悪いと一週間、だいたい二週間のうちに使用するのが最良です。

電解水は外部より全然エネルギー(熱、光、振動等)を与えなければ、一ヵ月位有効です。

従って保存にはビール瓶のような着色した容器での保存が望まれます。

そして、使われる容器も不安定はその様な物質を入れるものなので、化学的に安定的な材質の容器が使用われるべきです。

電解水は時間が経つと気泡を生じ唯の水に戻ってしまいます。

また電解槽の材質については耐薬品性のものを使用すべきであり、電解槽の大きさも、電解水生成器の性能に関わる大きな要素です。

従って、材質の寿命、性能ORP(還元電位)や吐出量等が、販売価格に大きく作用します。

また、電気分解により極板に金属(溶存ミネラル)が析出するので、時々プラスとマイナスの極性を変える必要があります。

《例をあげると》

原水のORP(酸化還元電位)  約+450mV、PH7,0~7.2のとき

酸性水ORP(酸化還元電位)  約→-750mV、PH4.5~5.5

還元水ORP(酸化還元電位)  約一250mV、PH8.5~9.5

以上が、還元水が“命の水”と呼ばれる由縁です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA